テーブルマナー認定講師とは  

テーブルマナー認定講師は、テーブルマナーを広く一般に普及させるための講師認定制度です。各業界を代表するエキスパートを講師に招き、西洋料理・日本料理・中国料理のそれぞれの歴史や伝統、そして現代の変化する食事の儀礼としてのマナーの理解を深めるセミナーを受講し、講師認定試験に合格された方に対して、協会発行の認定証を授与しています。既に多数の合格者を輩出し、その講師達が各地でテーブルマナーや食卓作法の普及・向上に貢献しています。

テーブルマナー認定講師試験に合格すると

西洋料理については毎年、日本料理と中国料理の食卓作法認定講師試験は隔年で行っています。
合格後、希望者は下記のバッジを購入して着用することができるようになります。また、西洋料理・日本料理・中国料理いずれかの認定講師試験に合格後、更に研鑽を積んで所定のセミナー等を受講後、試験に合格すると、上級クラスとしての栄誉ある「マスター」の称号を受けることができます。

(左より、マスター、西洋料理、日本料理、中国料理)
 

受験資格


1.当協会の個人会員である方(申込時に年会費納入済み会員の資格を有する方)
2. 事前に行われるセミナー受講修了者であること
3. 満28歳以上であること
4. 次のいずれかに該当する方
    A. 料飲サービスにおいて7年以上の経験があり、 勤務する企業の代表者または責任者の
      推薦がある方
    B. 現在マナー講師として職務に就いている方
    C. 大学・短期大学・専門学校ホテル学科に1年以上講師として従事している方
    D.過去にテーブルマナー講師(和・洋・中いずれでも可)の経験がある方
※ 満25歳以上で、5年以上の料飲接遇サービスに従事し、勤務する企業の代表者又は責任者の推薦
  する方が合格した場合は、準講師の資格が授与されます。
  (準講師が正講師の受験資格に達した後、受験を申請する場合は、セミナー受講と面接試験のみ
   とします)(学科試験免除)
5.西洋料理テーブルマナー認定講師試験に限り、国家資格レストランサービス技能士1級取得者で、上記1〜3項を満たしている場合は面接試験のみとします(学科試験免除)。


本年度セミナー及び試験の概要

1.2018年 HRSテーブルマナー講師認定セミナー及び試験開催のご案内を掲示します。
2.第41回西洋料理テーブルマナー講師認定セミナーおよび講師認定試験のご案内を掲載しました。
3.第2回日本料理食卓作法講師 育成セミナーのご案内を掲載しました。
4.第15回日本料理食卓作法講師認定セミナーおよび講師認定試験は2018年度は終了しました。
5.第12回テーブルマナーマスター講師認定ランクアップセミナーは2017年度は終了しました。
6.第11回中国料理食卓作法講師認定セミナーおよび講師認定試験は2017年度は終了しました。

テーブルマナー認定講師の英語表記について

テーブルマナー認定講師の英語表記については、下記の通りとします。
・西洋料理テーブルマナー認定講師
  Certified Table Manners Instructor of French Cuisine
・中国料理食卓作法認定講師
  Certified Table Manners Instructor of Chinese Cuisine
・日本料理食卓作法認定講師
  Certified Table Manners Instructor of Japanese Cuisine
・マスター認定講師
  Certified Table Manners Master Instructor

テーブルマナー講師認定書・認定バッジの発行について

下記、「テーブルマナー講師認定書・認定バッジ申込書」をダウンロードし、ご記入の上FAX又は郵送にて本部事務局に送付してください。
テーブルマナー講師認定書・認定バッジ申込書(PDF)

テーブルマナー資格証の発行について 

資格証は有料で発行させていただきますので、下記「テーブルマナー資格証申込書」をダウンロードし、必要事項をご記入の上、FAX又は郵送にて本部事務局に送付してください。
テーブルマナー資格証申込書(PDF)