第31回技能グランプリ(レストランサービス職種)出場選手募集のご案内

 技能グランプリ(中央職業能力開発協会と一般社団法人全国技能士会連合会との共催)は、様々な職種における技能検定特級、一級および単一等級技能士の地位の向上と技能尊重の機運醸成に資することを目的に、熟練技能士がその技能・技術の日本一を競い合う大会です。
 技能グランプリのレストランサービス職種に出場する選手は、1級技能検定に合格したレストランサービス技能士です。毎年2月に開催される「HRSサービスコンクール」が30歳以下の若い技能者を対象とした技能競技会であるのに対し、技能グランプリは年齢に関係なく熟練技能を競う、文字通り全国規模の技能競技大会です。大会の優勝者には、内閣総理大臣賞や厚生労働大臣賞などが贈られます。
 一般社団法人日本ホテル・レストランサービス技能協会(HRS)が運営を担当する技能グランプリ・レストランサービス職種の競技は、2021年2月20日(土)に開催されます。1級レストランサービス技能士の皆さまには、自己研鑽の場として是非ご参加いただきますようお待ちしております。

第31回技能グランプリ開催概要

開催日程:2021年2月19日(金)〜22日(月)
             2月19日(金) 競技会場下見
                    開会式(常滑市民文化会館...予定)
             2月20日(土) レストランサービス競技実施
             2月21日(日) 採点審査
             2月22日(月) 成績発表
                    閉会式(愛知県芸術劇場...予定)

※レストランサービスの競技日は2月20日(土)です。

競技会場:愛知県国際展示場[Aichi Sky Expo]
        〒479-0881 愛知県常滑市セントレア5丁目10番1号
                TEL 0569-38-2361

競技内容

競技課題1【筆記試験 専門業務知識/ブラインドテイスティング/カクテルの作成】
競技課題2【サービス実技 ファインダイニングにおけるディナーサービス】
競技課題の詳細(タイムスケジュール、設備基準、持参品リスト並びに採点項目及び観点を含む)は、中央職業能力開発協会ホームページ、HRSホームページにて2020年11月中旬公表予定です。


応募資格

○「レストランサービス」職種において技能検定の一級技能士であること。
○厚生労働大臣指定試験機関であるHRSから推薦された者であること。
○過去の技能グランプリでの同一職種において優勝した者でないこと。

予選の内容

○予選(書類選考および小論文審査)
 2021年2月20日の本選に出場していただくためには、事前に書類選考および小論文審査を行います。
  応募方法:下記掲載の「第31回技能グランプリ予選参加申込書」をダウンロード印刷し、必要事項を
      記入してください。
小論文のテーマは「私の考える新しい時代の接客サービスとは」で、文字数は600字以上 1,000字以内です。WORD形式で作る場合には、A4サイズ・タテ型用紙に横書きでプリントアウトしたものをお送りください。手書きの場合には、下記「小論文原稿用紙」(PDF)よりプリントアウトした原稿用紙に記載し、お送りください。
応募締切:2020年10月12日(月) 当日消印有効(...変更)
応募先 :〒102-0072 東京都千代田区飯田橋3-3-11 飯田橋ばんらいビル6階
       一般社団法人 日本ホテル・レストランサービス技能協会・技能グランプリ係

*予選通過者(12名以内)には、2020年10月26日(月)までにHRS事務局より連絡いたします。
第31回技能グランプリ予選通過通知につきましては、通知日程に変更がございました。
予選申込の皆様はお手数ですがこちらよりご確認いただきますようお願い申し上げます。

「第31回技能グランプリ参加申込書」(PDF)
「小論文原稿用紙」(PDF)

参加費

予選通過者は、後日指定の金融機関に参加費(33,000円税込...予定)をお振り込みいただきます。

お問い合わせ先

一般社団法人 日本ホテル・レストランサービス技能協会
TEL 03-5226-6811 FAX 03-5226-6812

☆第31回技能グランプリの開催時の感染防止対策☆…一部抜粋

                           厚 生 労 働 省
                           中央職業能力開発協会
(1)選手への参加募集時等の対応
   中央協会は、選手への参加募集に際し、感染拡大の防止のために選手及び指導者(以下「参加者」という。)が遵守すべき事項を明示して、協力を求める。また、これを遵守できない参加者には、他の参加者の安全を確保する等の観点から、グランプリヘの参加を取り消したり、途中退場を求めたりすることがあり得ることとする。
   なお、参加者に求める感染拡大防止のために遵守すべき措置は、以下のとおり。
@参加者は、「体調確認書(競技当日)」を提出するとともに、以下の事項に該当する場合は、自主的に
   参加を見合わせること。
   ア 体調が良くない場合(例:発熱・咳・咽頭痛などの症状がある場合)
   イ 同居家族や身近な知人に新型コロナウイルス感染が疑われる方がいる場合
   ウ 過去14日以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国、地域等への
     渡航又は当該国等の在往者との濃厚接触がある場合
Aマスクを持参し、会場内ではマスクを着用すること。
B会場では、手洗い、アルコール等による手指消毒を実施すること。
C会場内では、他の選手、指導者、競技委員等との距離(できるだけ2m以上)を確保すること。
D競技中に大きな声での会話、応援等をしないこと。
E感染防止のために定められたその他の措置を遵守するとともに、中央協会の指示に従うこと。
F参加者が全国大会終了後2週間以内に新型コロナウイルス感染症に関するPCR検査等で陽性と
 なった場合は、中央協会に対して連々かに報告するとともに、関係機関が行う濃厚接触者の調査等に
 協力すること。

◇中央協会は、競技当日に、参加者に対して以下の事項を記載した書面「調確認書」の提出を求めることとする。
ア 氏名、年齢、住所、連絡先(電話番号)…※個人隋報の取扱いに十分注意する。
イ 競技当日及び競技前2週間における体温測定結果及び以下の事項の有無
   (ア)平熱を超える発熱(おおむね37.5度以上)
   (イ)咳(せき)、のどの痛みなど風邪の症状
   (ウ)だるさ(倦怠(けんたい)感)、息苦しさ(呼吸困難)
   (エ)嗅覚や味覚の異常
   (オ)体が重く感じる、疲れやすい等
   (力)新型コロナウイルス感染症について陽性とされた者との濃厚接触
   (キ)同居家族や身近な知人に感染が疑われる方がいる
   (ク)過去14日以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国、地域等への
     渡航又は当該国等の在往者との濃厚接触
  以上