第30回技能グランプリ(レストランサービス職種)出場選手募集のご案内

 技能グランプリ(中央職業能力開発協会と一般社団法人全国技能士会連合会との共催)は、様々な職種における技能検定特級、一級および単一等級技能士の地位の向上と技能尊重の機運醸成に資することを目的に、熟練技能士がその技能・技術の日本一を競い合う大会です。
 技能グランプリのレストランサービス職種に出場する選手は、1級技能検定に合格したレストランサービス技能士です。毎年2月に開催される「HRSサービスコンクール」が30歳以下の若い技能者を対象とした技能競技会であるのに対し、技能グランプリは年齢に関係なく熟練技能を競う、文字通り全国規模の技能競技大会です。大会の優勝者には、内閣総理大臣賞や厚生労働大臣賞などが贈られます。
 一般社団法人日本ホテル・レストランサービス技能協会(HRS)が運営を担当する技能グランプリ・レストランサービス職種の競技は、来年3月2日(土)に開催されます。1級レストランサービス技能士の皆さまには、自己研鑽の場として是非ご参加いただきますようお待ちしております。

開催概要

開催日程:平成31年3月1日(金)〜4日(月)
             3月1日(金) 競技会場下見
                      開会式(兵庫県立文化体育館)
             3月2日(土) レストランサービス競技実施
             3月3日(日) 採点審査
             3月4日(月) 成績発表
                      閉会式(ポートピアホール)

※レストランサービスの競技日は3月2日(土)です。

競技会場:神戸ポートピアホテル
        〒650-0046 兵庫県神戸市中央区港島中町6丁目10-1
                TEL 078-302-1111(代)

競技内容

競技課題1【筆記試験/ブラインドテイスティング/カクテルの作成】
競技課題2【ファインダイニングにおけるディナータイムサービス】
        ●テーブルセッティング(2名掛け)
        ●赤ワインサービス
        ●真鯛のフィルタージュ
        ●鴨のローストのデクパージュ
        ●クレープフランベ


応募資格

○「レストランサービス」職種において技能検定の一級技能士であること。
○厚生労働大臣指定試験機関であるHRSから推薦された者であること。
○過去の技能グランプリでの同一職種において優勝した者でないこと。

予選の内容

○予選(書類選考および小論文審査)
  3月2日の本選に出場していただくためには、事前に書類選考および小論文審査を行います。
応募方法:下記掲載の「第30回技能グランプリ予選参加申込書」をダウンロード印刷し、必要事項を
       記入してください。
小論文のテーマは「これからのレストランサービスに求められるもの」で、文字数は600字以上 1,000字以内です。WORD形式で作る場合には、A4サイズ・タテ型用紙に横書きでプリントアウトしたものをお送りください。手書きの場合には、下記「小論文原稿用紙」(PDF)よりプリントアウトした原稿用紙に記載し、お送りください。
応募締切:平成30年11月30日(金) 当日消印有効
応募先 :〒102-0072 東京都千代田区飯田橋3-3-11 飯田橋ばんらいビル6階
       一般社団法人 日本ホテル・レストランサービス技能協会

*予選通過者(12名以内)には、平成30年12月17日(月)までにHRS事務局より連絡いたします。

「第30回技能グランプリ参加申込書」(PDF)
「小論文原稿用紙」(PDF)

   Adobe Reader ※ 各種PDFファイルを閲覧(またはダウンロードに閲覧)するためにはAdobe Readerが必要です。アイコンをクリックしてダウンロードサイトよりプログラムをダウンロードし、インストールして下さい。

参加費

予選通過者は、後日指定の金融機関に参加費(32,400円)をお振り込みいただきます。

お問い合わせ先

一般社団法人 日本ホテル・レストランサービス技能協会
TEL 03-5226-6811 FAX 03-5226-6812